突撃!お宅訪問

安城市 M様邸

安城市 M様邸

築56年のRC構造の
元歯科医院を
快適な住宅にリフォーム

元々、歯科医院併設住居で、両親が経営されていた歯科医院を住宅用にリフォームを2度行い、合計で3度目のリフォームでした。キッチンが狭く使いづらい、リビングが暗いところをきっかけに内装リフォームをスタートしました。キッチン、リビング、子供部屋など間取りを大きく変更し、動線の改善、トイレの段差の改善や結露解消のための外周面の断熱工事、雨漏りをチェックし、防水工事を行うなど大規模リフォームを行いました。

BEFORE 元々歯科医院だったこともあり、間取りの動線や水廻りのバランスが悪く、断熱性も悪く、住みづらさを感じていました。
AFTER 住みづらいと感じていた部分以外の結露・段差・雨漏りなども解消され、快適な住まいとなりました。

【Q1】リフォームのきっかけは?

安城市M様邸_リビング
安城市M様邸_キッチン

ーーーもともと歯科医院併用住宅だった建物を30年前と8年前にリフォーム。夫婦2人のときは工夫して住んでいましたが、こどもが生まれて、家族が増えていくうちに、とても住みづらく感じることが多くなりました。キッチンがリビングと離れていて、洗面所と一緒にあり、狭い状態でした。そして、リビングに光が入らず、風通しも悪く、生活しづらいと感じていました。

その中でも気になっていたのがキッチンです。
元々歯科医院だったため、キッチンのスペースを1か所にとることができず、廊下を挟んで2か所に分かれていました。リビングに冷蔵庫と食器棚、電子レンジがあり、1m程の廊下を挟んだ脱衣所にコンロやシンクがある状態でした。調理をしたものをお皿に盛りつけようとするとリビングにある食器棚に行き、食器をとりにいき、またコンロの場所に戻り、盛り付ける。盛り付けた後またリビングに配膳。リビングの冷蔵庫から野菜を取り出して脱衣所にあるシンクに行くなど、調理と無駄な動きが多く、キッチンを1つの空間にしたいというのが一番の希望でした。

2度のリフォームの中でキッチンを1つの空間にまとめたいという気持ちはどこかにあったのですが、当時は間取りを変えられるのかも分からず、現在に至っていました。2つ目の希望はリビングの採光です。
リビングの窓は北側に面しており、南側の大きな窓は通路部分として使われていました。リビングには天気の良い日の朝の1~2時間光が入ってくるだけで、昼間はまったく光が入ってきませんでした。お天気の良い日も日中は薄暗く、ずっと電気をつけている状態でした。キッチンの動線を改善したい、子どもたちの様子を見ながら家事をしたい、家族みんなが一番長くいるリビングを明るく、心地よいスペースにリフォームしたいと3度目のリフォームに踏み切りました。

【Q2】アーキ・プロの印象や決め手は?

安城市M様邸_ひさし

ーーー真剣に考えてくださったところが決め手となりました。設計者が直接打合せに来てくれる安心感とリフォームすることでいかに住みやすくなるか、この家のこと、私たち家族のことを真剣に考えた上でのリフォーム提案をしてくださったのがアーキ・プロさんでした。

アーキ・プロさんに依頼した経緯は、今までは両親が主導でリフォームを行っていましたが、3度目のリフォームは私たちが選んだリフォーム会社に依頼したいとインターネットで探し、ご連絡しました。1年半以上前より選定をはじめ、地域密着型のリフォーム会社や大手のリフォーム会社などを、3社ほど提案や見積りをもらいました。3社とも大きな金額の差はなかったのですが、アーキ・プロさんの提案数が一番多く、信頼できると感じ、依頼しました。

 

安城市M様邸_トイレ

その提案の中でも、数年先のことまで考えてくれているのがアーキ・プロさんだと感じました。例えばトイレ。元々歯科医院だったため、玄関の土間から直接入るトイレでした。改めて考えれば不便なのですが、日々の生活になじみすぎ、リフォームの際思い浮かばず、要望には入れていませんでした。トイレの入り口の段差も段差をなくすと住みやすくなると、私たちが気づかなかったささいなことまで気づいてくださり、提案してくださいました。

今回は「内装を変えたい」と依頼をしたのですが、私たちの要望だけではなく、プロの視点で建物を確認したうえで、「外から見ると庇(ひさし)の塗装が浮いているのが気になるので、雨漏りの点検をさせてください」とお話くださいました。点検すると雨漏りがあり、内装のリフォーム後に雨漏りをしてしまう可能性があることに気づいてくださいました。「内装より屋根のリフォームを先にやるべきです」と何年も先のことを考えてくれていると依頼に至りました。

【Q3】こだわったポイントは?

ーーーこだわったポイントは、キッチンです。
間取りを大きく変更し、動線が改善されたひろびろとしたキッチンにこだわりました。子どもたちが小さいので、リビングで遊んでいる様子を見ながら調理をしたいと対面キッチンにしました。現在のキッチンの場所には窓がもうひとつありましたが、リビング側から十分な採光があるため、窓をなくし、広々としたキッチンスペースを確保してもらいました。コンロで調理をしていて振り返ると食器棚と無駄をとことんなくした動線になりました。

リフォームの中で気に入っているところは、リビングです。明るく、風通しがよくなり、快適に過ごせるようになりました。リフォーム前は、暗く、気分も沈んでいたと今は感じます。明るいと気分も晴れやかになりました。

もうひとつは窓を断熱性の高いサッシに交換したことです。
この建物は鉄筋コンクリートで、コンクリートの壁に直接クロスが貼ってあったため、冬はとても寒く、結露をしている状態でした。リフォーム前は朝起きると寝室の壁が結露でびっしょりになっていました。そのため、カビが生えているのは当たり前という状態でした。これはさすがにどうにもならないだろうとアーキ・プロさんに話してみると、壁の下地組をして、断熱材を入れると解決するとご提案いただきました。今年は壁に断熱材が入っているため全く結露せず、カビの心配もなく、快適に過ごせています

このおかげでストーブひとつで暖まらず、エアコンなども多様し、暖めていたリビングが、今年はストーブひとつで過ごすことができました。電気代や灯油代も節約できただけではなく、心地よいリビングになりました。

安城市M様邸_リビング
安城市M様邸_リビング

【Q4】工事中、工事後の対応などはいかがでしたか?

安城市M様邸_キッチン

ーーー毎日現場に来てくださり、進行を報告してくださるなど、日々コミュニケーションをとってくださいました。子どもたちも「今日はリフォームのお兄さんみえているの?」というほど、会うのを楽しみにしているほど、毎日現場に来てくださったのです。そのため、工事中、気になる点があれば、すぐに質問でき、それに対してもすぐに返事がもらえ、安心してリフォームを進めてもらうことができました。リフォームは壊してみなければわからない部分も多いとお聞きしていました。工事をしながら決めていかなければならない部分もありましたが、自己都合で判断せず、私たちに相談したうえで進めてくださるところが好印象でした。

すでに決まっているキッチンの高さ、対面カウンターの高さなど、改めて現場を見ながら、スケールで実際に高さを示し、机上だけではなく、本当に住みやすい住まいを目指し、丁寧に確認を重ねてくださいました。優柔不断でなかなか決められない時も、一緒に選んでくださり、それを「楽しい」とおっしゃってくださったのが印象的でした。細やかに確認することは本当に大変なことだと思いますが、それをしてくださったおかげで思い通りのリフォームが完成しました。

リフォーム後は、友人、知人を晴れやかな気分で呼ぶことができるようになりました。リビングも広く、明るくなったことで、子どもたちが友だちを呼んで、にぎやかに過ごしています。来客が多くなったことで、家族の笑顔が増えた気がします。気持ちが明るくなることで、断捨離®トレーナーとしての道を進んでいく意欲が高まり、最高のスタートが切れそうです。

【施主様インタビュー】

基本データ

家族構成 家族4人
築年数 56年
目的 キッチンの拡張及び動線改善、リビング・子ども部屋等の間取り変更、外周面の断熱工事(サッシ工事含む)、防水工事、
工期 150日程度
リフォーム箇所 水回り(キッチン・洗面・トイレ)、リビング、サッシ工事(網戸取り付け・断熱性UP)、各所間取り変更
設置した新設備 キッチン:タカラスタンダード ホーロー製システムキッチン エーデル
洗面:タカラスタンダード ホーロー製洗面化粧台 ファミーユ
トイレ:TOTO ネオレストRS1
建具:パナソニック ベリディス
フロアー:イクタ 銘木フロアーラスティック
サッシ:YKK エイピアNEO

\ リフォーム相談会に参加しませんか? /

毎週日曜開催!
リフォーム専門建築士があなたのリフォームの相談にのります!

相談会に申し込む

リフォーム
相談会
ご予約受付中