施工例

岡崎市 Y様邸

LDKはナチュラルな木目と濃い梁のコントラストで和モダンな雰囲気を作りました。

既存和室、耐震壁(桧柱、筋違)と同調させる為、LDKの梁に同色のオイルステイン塗装をしました。

LDKの床だけで無く、和室の床にも床暖房を敷きました。既存のタタミ厚が55mmでしたので、床を壊すことなく、簡単に床暖房にすることが可能でした。

キッチンはトクラスのベリーです。
扉や天板に自信を持っているメーカーですので興味のある方はショールームへどうぞ!

正面の両開きの扉の中にゴミ箱を設置し、室内にも室外にもゴミ箱がスライドするようにしました。

室外の扉には勝手口の扉を加工して使用し、防犯も考慮して2ロックとしました。



施工例の説明

今回の改修内容は、キッチンが古くなってきた事。お子さん夫婦、お孫さんが来たときに一緒に食事ができる大きなダイニングテーブルを置きたい。というご要望に加え、以前工事した、隣の和室と調和した雰囲気にLDKを改装したいというご依頼でした。全体的に濃淡の木目を基調にし、LDKの梁を見せることで、和室の耐震壁(桧柱、筋違)と同調させました。キッチンはトクラスのベリーを採用しました。

担当者コメント

奥様のアイデアで、もともと出入りしていなかった勝手口を変更して、出窓風ごみ置き場を造作しました。室内からゴミを置き、室外からスライドして取り出せるゴミ置き場は、いろいろと造作は大変でしたが、主婦目線の発想の大切さを実感しました。また、温水床暖房は冬に大活躍しているそうで、大変気に入っていただき、お勧めしてよかったと思います。