設立メンバーより

代表 藤井 恒敏からの一言

代表取締役 藤井 恒敏
代表取締役 藤井 恒敏

あなたは、どんな気持ちを持ちながら建築士の仕事に携わっていますか?

大学を卒業後、大手ゼネコンに就職。現場監督として数々の案件に携わってきました。
しかし大きな仕事を担当すればするほど、お客様を知らずに進めていく。
もちろんお客様が何を求めているかなんて分からないまま、ひたすら仕事をこなすだけの毎日…。
「もっとお客様と一緒になってトータルでプロデュースできる仕事がしたい 」
という気持ちがどんどん強くなり、大手リフォーム会社に転職を決めました。

転職後は、戸建てリフォームを中心に 念願のトータルプロデュースができる喜びを感じながら仕事をしていましたが…

大手はどこも同じなのでしょうか。
現場でお客様のために最大限の努力をしている自分と、利益しか見ていない上層部に大きな隔たりがあることに気づいたのです。
さらにこの業界でありがちな「建築をまったく知らない営業が知名度だけで受注し、あとは職人さんまかせ」という、お客様のその先の暮らしなど考えないやり方に大きな疑問を感じずにはいられませんでした。

本気でお客様のことを考えたリフォームを提案するには、最低限建築士の資格をもってプロとして対応するべきだ。

そんな想いを打ち明けたところ、私と同じ想いを持っていてくれた仲間…
山口と中井に後押しされ、アーキ・プロを立ち上げた次第です。
うれしいことに、私たちの想いに賛同してくれたいわば「戦友」が大切な仲間として加わり、現在8名のメンバーが、リフォーム専門建築士として今日も現場に向かっています。

あなたは、どんな気持ちを持ちながら建築士の仕事に携わっていますか?

もしこれを読んでくださったあなたが同じ思いを抱いてくれているのであれば、ぜひ私にその思いを聞かせてください。
そして、そのご縁がきっかけで仲間になっていただけたら…
考えただけで、なんだかワクワクしてしまいます。

山口 貴史からの一言

山口 貴史
山口 貴史

現場監督経験は、リフォームの現場では何よりの“強み”なのです

大学を卒業後、東京にある大手デベロッパーで現場監督の仕事をしていました。
現場に毎日向かい、立ち会うことで工程管理の段取りや統率力、判断力を培うことができましたが、建築士の資格を実践で発揮する機会は決して多くありませんでした。

数年後、地元にUターンしたのをきっかけに縁があって飛び込んだリフォームの世界。
お客様に合ったプランを設計・提案し、熟練の職人さんとともに現場を完成させていく仕事に、業界経験はおろかお客様と接する=営業経験がなかった私は、最初不安でいっぱいでした。

しかし、リフォームの現場は新築と違い、“現在の建物を利用する”という難しさから表面では見えない問題や困難に直面することもよくあります。
現場を熟知している建築士だからこそ、問題が発生しても技術的に解決できる。
現場を熟知している建築士だからこそ、職人さんだけでなく何よりお客様から絶大な信頼で任せてくれる。
現場監督時代に培ってきた「現場での強さ」というのは、リフォームの世界では非常に役に立つ経験だったのです。

そして、より自分たちの理想をカタチにするため、代表である藤井、そして中井とともにアーキ・プロを立ち上げました。

現場監督経験は、リフォームの現場では何よりの“強み”なのです

アーキ・プロは、営業力ではなく「知識と技術」で伸びてきた会社です。
お客様と接する機会が多くなるため、営業トークも必要では?と不安になるかもしれませんが、私の経験にもあったように、「知っている知識を“親身に、自信を持って”説明する」という、あなたが今現場で行っていることがそのまま営業の場面で活かせてしまう、またその説得力がお客様の信頼に繋がる仕事なのです。

もしあなたが現場監督経験をお持ちで、かつ建築士の資格を持ちながらもその資格を活かせないまま、同時に何十件という案件に追われ本来自分が目指したい建築士の道とは違うのではないかと感じているのであれば、ぜひ私たちに話してくれませんか?

きっと、アーキ・プロで新たな道が開けると思います。

中井 伸也からの一言

中井 伸也
中井 伸也

建築の知識と経験をダイレクトに活かせるのが、リフォームの仕事です

小さな頃からものづくりが好きで、大学は建築学科に進みました。

そこで知った、海外と日本との家屋の建て替え年数の違い。
本来の日本は歴史的建造物を見ても分かるように、 モノを大切にしながら長く使い続ける文化のある国です。
しかし近年、30年ほどで建て替えとなる日本の住宅に、どうしても違和感を拭えませんでした。

「これからの日本はリフォームがもっと重要になってくるに違いない」

とはいえ、当時リフォーム専門の会社はなく、まずは住宅メーカーの営業設計として建築に関わる仕事に就きました。
しかし、大手になればなるほど営業、設計、現場と業務が分業されており、契約をいただき、いざマイホームのお手伝いを具体的に始める頃には 間接部門の設計・現場に任せ、次のお客様を見つけることを優先しなくてはならない。

営業は、数字さえ取れれば残りの工程は「後ろ向きな仕事」と捉えられ、 お客さまにとって、これからが本当に密に関わり夢のマイホームへの実現をカタチにしていく大切な過程になるはずが手を離れなくてはならないのです。

「これは、自分の目指す建築の姿ではない。」

私は、リフォームの道に転換することを決めました。

建築の知識と経験をダイレクトに活かせるのが、リフォームの仕事です

リフォーム業界の経験を通じ、想いを共にする仲間に出会えたことで、アーキ・プロを立ち上げ現在に至っています。
建築士として、現場で真剣に職人さんやお客様と向き合うことで生まれる信頼関係や一体感はこれまでにない充実感を味わえますし、すべての出会いや経験が自分の財産となり蓄積され、さらに広がっていく…。
アーキ・プロを立ち上げて本当に良かったと、日々実感しています。
私たちの仕事は、会社の規模や知名度ではなく、「人」としての信用が一番の仕事。
上手なトークよりも、お客様の立場に立って実直に向き合えるかが、何よりも大切な仕事なのです。

私たちと一緒に、成長していきませんか?